仏手柑


今日はおじいちゃんの命日。 久しぶりに(汗)仏壇に手を合わせ、「亡くなった日も、こんな風に窓の外は雪がいっぱいで…」なんて、思い出しておりました。
亡くなってから30年。あっという間です。

「仏の手」のような、インド原産の果実、「仏手柑」(ぶっしゅかん)。 食用と言うより、縁起物として生け花などでお見掛けした方も、多いかと思います。

以前から、「仏手柑」をブローチにしてみたいなあ~~と思い、ちょっと作成してみました。 面白い果実です。

ぶっしゅかんを、ブッシュマンと言いそうになる…。
 いましたね~~そんな人。雪を初めて見たと来日した映像、今でも思い出せます。 
昭和だね。ではでは~。
スポンサーサイト

にぎにぎ


春になると、週末はマーケットなどに参加しつつ新緑をいっぱい感じると、より一層春の喜びを噛みしめます。

森の中でのイベントでは、赤ちゃんや小さなお客様が雪もないので、にこにこ嬉しそうにブースにやって来ます。

ああっ~~かわいい♪あのムニャムニャした時代というのは、何をやってもかわいい。 そんな小さなお友達?お客様とも長く一緒にいたいので、彼らが好きそうな小物も、今年はこっそり販売したいと思っております。

どこかのマーケットで、触ると気持ち良い動物や、えっなにこれ?と言う物ありますので、良かったらどうぞ。

画像のふわふわ野ねずみ?? 母が「ちゅー吉」と勝手に名づけ、部屋に来ては時々触っていきます。 

手のひらサイズのお友達。 大人も子供もどうぞ。


粘土をこね、色を付け、コテをあて、コサージュブローチ時々作ります。

私の作るコサージュブローチは、大きめです。 そのせいか、「外人さんが着けたりすると良さそうね~~」とよく言われます。

宝石やビーズなどのキラキラ感がなく、地味な感じに仕上がりがちの、布染。 

高価な素材(宝石など)には勝てないなあ~。  そうなると染色具合で、力強い植物をイメージしたいという私の想いが、グッと入り、大きくなってしまうのかもしれません。

画像のブローチは苺。
苺狩り、行ってみたいなあ~と思いつつ行けてない夢の1つ。 今年は行けるかな?! 

毎日雪だと、雪が溶けたら~~という計画がドンドン増えていく今日この頃です。

くり&どんぐり帽


昨年11月のホームスパン展で販売致しました、「くり帽」(画像)そして「どんくり帽」。

仙台のインテリアショップAntique showさんで、昨日から販売させていただいております。 oyam@kikoさんの織った手織りのツイードは、軽く柔らかく、暖かいです♪

ちょっとお出掛けの際、かばんに嵩張らず、ノートをしのばせる感じで持ち歩き出来る帽子です。

ニット帽とは違う、クラシカルなイメージの帽子。 赤や緑のツイードもございますので、どうぞご試着ください。

仙台には行けないなあ~~と言う方は、お気軽にご一報くださいませ。

ASSOBOO
まだまだ寒い日々は続きそうです。 冬ならではのウールアイテムを楽しみつつ、寒さに負けず頑張りましょう~!

シェットランドウール?!


古い映画に出てきそうな、ヨーロッパの少年ベストを作ろうと思うと、シェットランドウールは外せない素材です。

太くて荒いウール。スコットランド北にある、シェットランド諸島。 行った事ありませんが、想像しただけでも自分のイメージする感じができそう~~と思い購入します。

そして何となく、「シェットランド」という響きが私は好き。 

好きなカタカナ?ってないですか? 「シェットランド」・「リヒテンシュタイン」・「ザッハトルテ」…。 なんだかわかりませんが、このあたりの言葉を発すると、自分がインテリになったような、背筋が伸びる感覚があるせいかもしれません。 スッキリします!

NHKの「モーガンフリーマン時空を超えて」という番組も、内容が半分も理解できていませんが、何かあれを観ると頭が良くなったような錯覚に落ちます。。。

シェットランド。  ボタンもどんぐりのピューター素材で、かっこいい感じです。

どこかの会場で、ご試着ください。
プロフィール

はなっこはなっこ

Author:はなっこはなっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR