旅へ ~窓際族~

窓際
旅のはじまりはまず「乗り物に乗る」からである

飛行機、船、電車、車などなど。どれもこれも好きだが私は飛行機が一番好きである

乗る前に「あの~富士山が見える側の窓際で御願いします」と国内線は御願いする。「承知致しました」

富士山はアナウンスが流れる前に「富士は私!私が富士よ!」と聞こえてきそうなぐらいかなり遠くに見えていてもそのオーラーはかなりで機内からも気がつく日本一とはそういうものなのである。

上空から見える海は限りなく広く、上から見る船はとても小さく、「あんなに遠くまで行ってるんだっ!」とびっくりすると同時に「気をつけて帰ってきてね~」と声を掛けたくなる。

飛行機は俄然「窓側」のほうが楽しいものである。

かわって「汽車」になると、友人などと共に乗る機会が多かったりする。その場合は相手が乗り物酔いをするタイプでない限り、「おしゃべりな人の方」を窓際に座っていただく事をお勧めする。

開放感が「車内」にはあるのでしょうか、「こんなところでっ!」というようななかなかきわどい家庭の内情を、語りまくっているご婦人殿方がいる

前回の「旅へ」でも書きましたが、旅とは日常を離れるものだと私は思うので、「旅のはじまり」である乗り物での
きわどい話はちょっと周りに気を使って欲しいなあ~と私は思ったりします

「お話好きは窓際へ」。おしゃべり好きでトイレが近い人は通路側になってしまいますねえ~窓際太郎~君はこの件をどう解決するかな? お後がよろしいようで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はなっこはなっこ

Author:はなっこはなっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR