震災から一年

今日は東日本大震災からちょうど一年。

早かったような長かったような、被災地県に暮らす私にとってどちらとも言えない一年でした。

3月9日に大地震の前ぶれと思われる、震度4の地震がありそして2日後に大地震。内陸部は津波の心配はないものの大きな揺れは、3年前に起きた「宮城岩手内陸地震」を上回るものでした。

あれからもほぼ毎日起きている余震とともに生きていくには、少しこの不安を「一時置いておく」という事を行って私の場合、前に進んできたように思います。

もちろん忘れるという事は今もこの先もずっとないことでしょう。

震災から1年。今日を迎えるにあたって「一時置いてきた」物をまた広げるようでここ3日前からなんだかそわそわ落ち着かない感じでした。

被災地には想像をはるかに超えた悲しみやご苦労が報道以上にあります。私も含めどうか日本の皆さん、地球に暮らす皆さん「東日本大震災」を忘れないでください。

記憶を置いてもどうか捨てないでください。 よろしくお願い致します

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「一時置いてきた」

はなっこはなっこさん、初めてコメントします。

今日は辛い日ですね。
「一時置いてきた」ものをもう一度広げる。
私の今日の気持ちそのものを、まさに言い当てられたような気持ちです。
痛みを忘れずに、生きていきたいです。

sodaさんへ

sodaさんこんにちは!コメントありがとうございます。
「一時置く」という事も、近しい方を亡くされた方や未だ見つからない方々にとっては許されないですよねえ。
只記憶の置き場所は、いつも目の届く位置には置いております。
不安や恐怖に襲われないためには、時には遠くにその記憶を追いやっていたようにも感じます。バランスを保つために。
sodaさんのおっしゃる通り、私も痛みを忘れず生きていきたいものです。
プロフィール

はなっこはなっこ

Author:はなっこはなっこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR